受験生が夏休みに遊ぶ前にやるべき5つのこと【勉強のために遊ぼう】

キャンペーン実施中!

キャンペーン指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスのキャンペーン指導はこちら

※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします

夏休み 遊ぶ

さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!
「受験生で勉強をしないといけないけれど、遊びたいな〜」

「遊びたいけれど、今までそれほど勉強してこなかった、、、」

「でもやっぱり遊びたいな〜」

こういった悩みを抱えている受験生も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、受験生が夏休みに遊ぶ前に、やるべき5つのことをご紹介します!


高1・高2必見!今から始めて合格を目指す
↓↓↓↓↓
キャンペーン実施中
※上記リンクから、公式LINEにジャンプします


受験生が夏休みに「遊ぶ」ことを目的にするのはNG

夏休み 遊ぶ
受験生が夏休みに「遊ぶ」ことを目的にするのはNGです!

たしかに、受験生には遊ぶ時間も必要です。

しかし、それは休憩時間や休憩日などにするもので、勉強のパフォーマンスを高めるためにする遊びです。

遊ぶことを目的に、遊んではいけません。

さとしセンセイ
ぼくの友人で、受験期に勉強のパフォーマンスを上げるために休憩時間にゲームをしている人がいました。

その友人は最初は上手く勉強と遊びを切り替えることができていました。

しかし、その友人はだんだんとゲームの時間が多くなって勉強のパフォーマンスをあげるためでなく遊ぶことが目的になってしまっていました。

そうして、受験では第一志望に合格できずに、浪人するという選択をしていました。

もちろん、これが全ての要因ではないと思います。

しかし、遊ぶことを目的にして遊ぶようになってしまうと、勉強と遊びの比率が遊ぶに偏ってきてしまい、勉強時間が減るのは明確だと言えます。

ですので、受験生が夏休みに「遊ぶ」ことを目的に遊ぶことは絶対にNGです!

🔽高1・高2向けおすすめ記事トップ5🔽
  1. 高1・高2の今だからできること
    【高1・高2必見!スタートダッシュキャンペーンを今すぐチェック✅】
  2. 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
    【逆転合格のリアルを知ろう!】
  3. スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
    【どうしてもスマホを手放せない…というキミへ!】
  4. 高1・高2からの難関大合格戦略
    【難関大に合格するために!】
  5. 受験勉強をこれから始める人が読む記事
    【受験勉強のはじめの一歩】

受験生が夏休みに遊ぶために必要な5ステップ

夏休み 遊ぶ
では次に、受験生が夏休みに遊ぶためにするべきことを5ステップに分けて解説していきたいと思います。

①過去問・模試を分析し、自分の立ち位置を把握する

「遊ぶ前に過去問・模試の分析??」と思った方もいると思います。

しかし、これをすることで、自分がどのくらい勉強すればいいのかを割り出すことができるので、余った時間を遊ぶ時間としてカウントすることができるようになるのです。

ですので、受験生が夏休みに遊びを考えるときには、まず過去問・模試を分析し、自分の立ち位置を把握しましょう!

過去問・模試は自分が受験生の中でどれくらいの位置にいるのか、自分はどの分野が苦手なのかを把握するのに最適です。

そこで、自分の得意なところ・苦手なところを洗い出し、具体的に何をするべきなのかを考えられるレベルまで分析しましょう!

ですので、まずは過去問・模試を分析し、自分の立ち位置を把握しましょう!

②必要な勉強量を具体的な参考書・時間ベースで洗い出す

必要な勉強量を具体的な参考書・時間ベースで洗い出しましょう!

①で洗い出した具体的な得意なところ・苦手なところを何をつかってどのようにどのくらいの時間をかけて埋めていけるかどうかを考えます。

たとえば、センター試験の英文法で毎回点数を落としてしまうのであれば、「センター形式の英文法の参考書を1週間で完璧にする。そのためにかかる時間は1日○時間で、、、」のようにして、具体的な1日分までやるべきことを落とし込みましょう。

そして、あとは実行するだけというくらいまで、必要な勉強量を具体的に参考書と時間ベースで洗い出しましょう!

③それを加味したうえで、1日あたりにかかる勉強時間を出す

②を加味した上で、1日あたりにかかる勉強時間を出しましょう!

具体的な参考書と時間が決まったら、それを1日あたりにかかる勉強時間をアバウトでいいので洗い出して把握するようにしましょう!

新規にやるものにかける時間はもちろんのこと、復習にかける時間や、ほかに必要な時間など様々な状況を加味して、1日あたりにかかる勉強時間を出しましょう!

④その上で、どのくらい遊べるかを具体的に把握する

その上で、どのくらい遊べるかを具体的に把握しましょう!

勉強時間ややることが明らかになったら、そこから余った時間が遊びに使える時間です。

遊びに使える時間はなにをしてもいいのです。

その時間で思いっきり遊び、リフレッシュして勉強に取り組めるようにしましょう。

ですので、その遊べる時間がどれくらいあるのかを具体的に把握しておきましょう!

⑤遊びの予定は事前に入れておく

遊びの予定は事前に入れておきましょう!

遊びの予定は勉強の逃げ道ではなく、遊ぶことで必要な量休み、勉強のためになるように遊びましょう!

事前に遊びの予定を入れないで急に予定を入れてしまうと、自分の勉強のリズムがくるって、勉強に支障が出てしまいます。

そうならないためには、遊びの予定を突発的に入れるのではなく、事前に計画的に遊びの予定を入れるようにしましょう!


高1・高2必見!今から始めて合格を目指す
↓↓↓↓↓
キャンペーン実施中
※上記リンクから、公式LINEにジャンプします



受験生でも「遊び」をうまく活用して、受験勉強を楽しもう

夏休み 遊ぶ
受験生でも「遊び」を上手く活用して受験勉強しましょう!

受験生だからと言って、遊んではいけないということはありません。

むしろ、勉強のモチベーションを保つためや集中力を高めるためにする「遊び」は、まったくもって構いません。

「遊び」も使いようによっては勉強のためになるのです。

ですので、受験生でも「遊び」を上手く活用して受験勉強をしましょう!

無料体験指導で偏差値40台から逆転合格

※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします


公式LINEについて知りたい方はこちら

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【本当に受かりたい高1・高2生だけ見てください!】
まずはこちらを確認→
高1・高2限定:スタートダッシュキャンペーン
高2から逆転合格を狙うならこちら→
高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、ちゃんと伸びるかはわからない…」と思っているのではないでしょうか。

私も受験生の頃、いろんな勉強法を調べましたが、それで簡単に成績が伸びることはなく、不安な日々を過ごしていました。

しかし、受験生時代にある秘訣に気づいてから、みるみる成績をのばすことができました。

その結果、最終的には高校中退・偏差値30台から早稲田大学政治経済学部に合格することができました。

私は中学を素行不良で退学になり、高校も中退してしまいました。

そんな私でも、偏差値30台から早稲田大学に逆転合格することができたのには、秘訣があります。

そんな秘訣を基に、多くの大学受験生を救いたいという思いから、いまオンライン予備校を経営しています。

それが、センセイプレイスというオンライン予備校です!

センセイプレイスでは、独学コーチングというサービスを提供しています。

週1回のマンツーマン指導によって、万人にむけた勉強法ではなく、キミだけの勉強法ややるべきことを一緒に考えていきます。

その結果、予備校や独学など、ほかのどんな勉強よりも早く成績を伸ばしていくことが可能になります!

センセイプレイスでは、1人ひとりに合った独学コーチングを提供した結果として、

半年で、偏差値40台から早稲田大学に現役合格!

高3春、偏差値38。“全落ち”からの早稲田に逆転合格!

偏差値43の高校から、明治大学に逆転合格!

など、数々の生徒の逆転合格を見届けてきました。

※体験談が見たい方はこちらからも見れます。

センセイプレイスで逆転合格をした先輩の体験談を見る

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、ぜんぜん成績が上がらなくて不安……」

「予備校に通ったけれど、授業のレベルが合ってない……」

「合格したい気持ちはあるけど、勉強したくてもできない……」

こんな悩みに少しでも「わかる〜〜!」となった方は、ぜひセンセイプレイスの詳細を見てみてください!

センセイプレイスの逆転合格に導く秘訣を見る