夏から早稲田に合格するための具体的な勉強法|早慶合格者が徹底解説


【受験生のキミへおすすめの記事】

これから受験勉強を始めるキミへ

ライバルに差をつけて、志望校合格を手にするには、勉強法が鍵になります。

まずは、受験勉強を始める前に知っておいて欲しいことをこちらから確認してみてください。

不合格体験記を読む

あと一年頑張ることを決めたキミへ

浪人は、伸びないって本当??いいえ、そんなことはありません。

浪人には浪人の勉強の方法があります。やるべきことをやれば、ちゃんと成績を伸ばして合格を手にすることができます。

浪人を決めた人に知って欲しいたった一つのこと
浪人生必見!新サービス 《既卒生コース》
↓↓↓↓↓
センセイプレイス 既卒生コース

夏 早稲田
さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!
「夏から早稲田に合格するための勉強法を教えて欲しい……」

「夏の時点で成績が全然よくないんだけど、早稲田に合格できるか不安……」

上記の悩みにお答えします。

早稲田を目指していると、合格できるかどうか不安ですよね。

しかも、受験生にとって夏休みは「受験の天王山」と呼ばれ、合否をわけるものと言われているため、不安は一層強くなるものでしょう。

そこで今回は、夏休みから早稲田大学を目指すという受験生に向けて、「夏から早稲田に合格するための具体的な勉強法」について書いていきたいと思います。

それでは、いきましょう。




完全オーダーメイド指導で志望校合格へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自分に合った勉強方法を知る

夏から早稲田に合格することは奇跡に近いという現実を受け止めよう

夏 早稲田
そもそも、夏から早稲田に合格することは奇跡に近いです。

実際、夏から早稲田に合格できる人はほとんどいません。

しかし、夏から早稲田に合格することは奇跡に近いからと言って諦める必要はありません。

奇跡に近いことにチャレンジすることで、得られるものは絶対にあります。

ですので、現実を受け止めつつ、「夏から早稲田に合格することは奇跡に近いけど必ず受かってやる!」という気持ちで勉強に取り組むようにしましょう!

🔽高3・浪人向けおすすめ記事トップ5🔽
  1. 高3・偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
    【あと10ヶ月、やるべきことを考えよう】
  2. 受験生に読んでほしい名言10選!
    【明日やろうはバカ野郎】
  3. 【2021最新版】おすすめの英語参考書リスト
    【難関大に合格するための基本のキ!】
  4. スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
    【どうしてもスマホを手放せない…というキミへ!】
  5. 受験勉強で偏差値を飛躍的に伸ばす方法
    【偏差値70の超え方、教えます】

「今から勉強しておいた方がいいかな…」という高1高2生必見!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【今だけ】周りと差をつける勉強法を知る

夏から早稲田に合格するための具体的な勉強法5つ

夏 早稲田
つぎに、夏から早稲田に合格するための具体的な勉強法を5つご紹介します。

①まずは、英単語帳1冊を完璧にするところからはじめよう

まずは、英単語帳1冊を完璧にするところから始めましょう!

参考書を1冊終わらせるのは参考書を終わらせたことのない人にとっては、最初は難しいかもしれません。

そこで、まずは参考書を1冊終わらせる経験をしましょう。

参考書を1冊終わらせると、参考書を1冊終わらせたという経験と自信がつきます。

それだけでなく、参考書を終わらせるためにはどれくらいの時間・労力が必要かなど様々なことがわかるようになると思います。

また、英単語帳は参考書を終わらせる経験をするのに最適な参考書です。

逆に、英単語帳を終わらせることのできない人は他の参考書に手をつけて終わらせることはできないでしょう。

ですので、まずは、3日〜1週間ほどを英単語に勉強を振り切って英単語帳1冊を完璧にするところから始めましょう!

②短期集中で1冊の参考書に取り組み、それを何度も復習しよう

短期集中で1冊の参考書に取り組み、それを何度も復習しましょう!

英単語帳を1冊終わらせる経験をしたらその経験を他の参考書にも応用していきましょう!

短期間で1冊の参考書に集中することで、すぐに参考書を終わらせることができます。

同時に色々な参考書をやっていく受験生がほとんどですが、そもそも1冊の参考書を終わらせることができない人が、複数冊の参考書を終わらせることなどできるはずもありません。

また、複数の参考書を同時に進めていっても、1日にその参考書にかける時間が少ないといつまでたってもその参考書が終わりません。

参考書に取り組むのと並行して、やった参考書の復習をしないと理解した内容を忘れいってしまいます。

そのため、参考書を3日〜1週間で完成させた後は1日15分〜30分という少ない時間でもいいので復習をしていきましょう。

そして、だんだんと復習の間隔1週間・1ヶ月・3ヶ月に1回のように広げていくと良いでしょう。

このように、短期集中で1冊の参考書に取り組み、それを何度も復習するようにしましょう!

③自分のスケジュールを把握して、勉強時間を最大化しよう

自分のスケジュールを把握して、勉強時間を最大化しましょう!

まずは、自分の1日、できれば1週間のスケジュールを紙に書いて把握しましょう。

そのあと、勉強時間・勉強以外の時間に色分けします。

さらに、勉強以外の時間で、必要な時間(ごはん・お風呂など)とそうでないものを分けます。

そして、勉強時間以外の時間で必要のない時間を削減し、それを勉強時間にどのように変えていくかを考えていきましょう。

このようにして、自分のスケジュールを把握し、勉強時間を最大化しましょう!

④完璧主義に陥らないようにしよう

完璧主義に陥らないようにしましょう!

何事も最初からうまくはいきません。

最初は失敗をしてそこから上手になっていくものです。

それは勉強も同じです。

勉強も最初から上手くいくわけはありませんし、失敗もするものです。

そのため、最初から完璧にしようとするのではなく、何度も繰り返して改善をするようにしましょう。

完璧はそのさきにあります。

ですので、最初から完璧を求めすぎないようにしましょう!

⑤結果だけに注目するのではなく、毎日の勉強内容に注目するようにしよう

結果だけに注目するのではなく、毎日の勉強内容に注目するようにしましょう!

結果はそう簡単についてくるものではありません。

ですので、まずは日々の勉強内容に注目していきましょう!

昨日の自分より勉強できていたか、昨日の自分より効率的に勉強できていたかなど。

日々勉強する中で、成長できているかを見ていき、それを結果につなげていきましょう!

そのため、結果だけに注目するのではなく、毎日の勉強内容に注目するようにしましょう!



【今だけ】周りと差がつく勉強法指導実施中!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
差がつく勉強法指導の詳細を見る

夏から早稲田に合格するための時期別スケジュール

夏 早稲田
つぎに、夏から早稲田に合格するための時期別スケジュールをご紹介していきます。

大前提:過去問を解いて、中間目標を設定しよう

過去問を解いて、中間目標を設定しましょう!

過去問を解くことで、自分はどの科目が得意なのか、逆に自分はどの科目が上手く点数を取れていないのかがわかると思います。

その点数をわかった上で次に過去問を解く時期を決めて、その時にどの科目で何点あげるかを考えましょう!

さらに、その点数を取るためには何が必要なのかを考えて勉強しましょう!

例えば、9月に早稲田商学部の過去問を解いたとします。

世界史の得点が30点/60点でした。

そこで、次に過去問を解く時期を11月にし、目標点数は40点/60点にする。

中間目標を立てて勉強することで計画的に勉強がしやすくなります。

このように、過去問を解いて、中間目標を設定しましょう!

7~8月:英語の基礎を完成させる

勉強をはじめて最初にやるべきことは、「英語の基礎を完成」させることです。

ゼロ地点からの勉強なので、始めは学習習慣を身につけること自体に苦闘するでしょうが、スタートの時点でしっかりそれをクリアできれば、周りに大きな差をつけることができます。

とりあえず、8月末までに英語の基礎を完成させることを目指しましょう。

早稲田に逆転合格するための英語勉強法|大学受験の最重要科目!

9~10月:現代文→古文→漢文と進めていく

つぎに、国語の勉強を進めていきましょう。

英語の基礎を完成させた経験を用いて、それぞれの科目を進めていきましょう。

現代文は1日に少しずつ進めていき、古文は古文単語→古典文法→古文読解、漢文は必要な知識の暗記→漢文読解という順番で取り組んでいきましょう。

早稲田逆転合格のための現代文勉強法|現代文はセンスじゃない!

早稲田大学に逆転合格するための古文勉強法|0点からでも大丈夫!

早稲田の漢文を極めるための参考書と勉強法|一点も落としたくない!

11月:社会科目を進める

つぎに、社会科目を進めていきましょう。

社会の勉強のざっくりとした流れは、

①社会の流れ・ストーリーを把握する
②細かい語句を暗記していく
③問題集に取り組んで、穴を見つけたら復習していく

という感じです。

12月以降:過去問対策を始める

さいごに、過去問対策を進めていきましょう。

過去問対策で重要なのは、「合格最低点ー自分の点数」を把握し、どうしたらその差分を埋めることができるのかを具体的に考えることです。

過去問対策をしたときに多いのが、自分の点数を出して、間違えたところを復習して終了してしまうことです。

しかし、その差分をどういう風に勉強していって埋めていくかを考えないと、過去問演習がつぎの勉強に活きてきません。

ですので「合格最低点ー自分の点数」を把握し、どうしたらその差分を埋めることができるのかを具体的に考えて、過去問対策を進めていきましょう。

早稲田の赤本への取り組み方を徹底解説|早稲田に合格するための攻略本!



差がつく勉強法指導の詳細はこちら

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

少しだけでも勉強してみよう!と思えたなら、それはとても良いと思います。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、これからちゃんと勉強できるかはわからない…」と思っている人もいるかもしれません。

世の中には様々な勉強についての動画や記事があります。

しかしそういったものを見たり読んだりしてやる気が出ても、実際に行動に移す人は約10%、さらにそれを継続する人は3%ほどしかいません。

だけど、少し厳しいことをいうと、志望校合格を勝ち取っていくのは、実際に行動に移して継続をした人たちです。

・「やらなきゃ」と思うのに、すぐに着手できない。
・継続をしないと意味がないと分かっていても、なかなか継続できない。

そういう人はたくさんいます。

僕自身もそうでした。

ですが、その原因は明白です。

それは、具体的にどの教材を、どう取り組めば、このような結果が出せる、というのが自分でわからないからです。

取り組む教材がなければ着手できませんし、闇雲に勉強しても結果が出ないため継続ができません。

皆さんの中にも、

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、どれが正しいの?……」
「何からはじめたらいいのか結局わかんない…」
「やろうと思って勉強をはじめても、なかなか続けられない、成績も伸びない…」

こんな悩みを少しでも感じている人がいるのではないでしょうか。

そんなキミには、ぜひセンセイプレイスの特別指導で相談をしに来てほしいです。

現在、センセイプレイスでは高1高2生限定で、差がつく勉強法指導を実施しています。

先ほどもすこしお伝えしましたが、春から夏にかけて、多くの受験生が、

・勉強はした方がいいと思うけど、なかなかできない ・何から始めるかも、どうやったら成績が伸びるのかもあまりわからない

といったような課題にぶつかります。

今回の差がつく勉強法指導は、そんな課題を解決し、キミの状況に合わせて、今やるべき参考書を1冊決めて、それをやり切るためのサポートをする指導になっています。

「こうやって勉強していけばいいのか!」というのがわかるだけで、受験勉強の効率はグンと上がります

今から成績を伸ばしていけば、周りの動けていない人たちとしっかり差をつけることもできます。

指導が可能な枠に限りがありますので、少しでも気になる!と思った方は、ぜひお早めに申し込みください。

【高1高2生限定】
差がつく勉強法指導に申し込む
差がつく勉強法指導の詳細はこちら

高三・浪人の方は、大人気のセンセイプレイス 無料体験指導のご案内をしています!

こちらも指導が可能な枠の数には限りがあります。

無料体験指導は、受験まであと1年をきったキミのために、今キミが頑張っていくべきこととその方法を、キミの状況に合わせてしっかり考える時間になっています

もし少しでも、「勉強、どうやっていこうかな…」と悩んでいることがある場合は、お早めに相談をしてみてください!

公式LINEでセンセイプレイスの無料体験指導に申し込む
無料体験指導の詳細はこちら