定期試験で全科目90点以上取るための勉強法

無料体験指導受付中!

無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら

※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします

勉強している人

センセイプレイスの熊谷です!

今回は、「定期試験で平均90点をとるための勉強法」についてお話ししたいと思います。

推薦入試やAO入試を考えているため、“内申が必要”という受験生は要チェックです!!

定期試験で平均90点をとることは、一見難しいように思えますが、基本的には、

  1. 「何を」勉強するかを明確にして、
  2. 「どれくらい」復習するかを決め、
  3. 「スケジュール」に落とし込んで淡々とこなす

という3つのステップを踏めば、誰でも実現できることです。

それでは、詳しく解説していきましょう!!


無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら
※上記リンクから、公式LINEにジャンプします


【その1】“やるべきことリスト”を作成せよ!

平均90点を目指すにあたって、まず必要な作業は、“やるべきことリストを作る”です。

やるべきことリストの作成は、さして大変な作業ではありません。

試験前に配られる「テスト範囲表」とにらめっこしつつ、下記6つのアイテムを「いかに使っていくか」を考えればいいだけです。

  1. 教科書
  2. ノート
  3. 授業で使用したプリント
  4. 学校指定の問題集
  5. 市販の参考書や問題集
  6. その他(資料集など)

たとえば、実際につくってみると、下の図のようになります。

ちなみに、この作業で最も大事なのは、やるべきことを、点数に直結するもののみに絞るという点です!!

要するに、当該科目で90点以上を目指すにあたって不必要な勉強は、「絶対にやらない!」と決めてしまうのです。

定期テストはただでさえ範囲が広いので、可能な限り無駄を省いて勉強することが大事です!

以上、“やるべきことリスト”作成のイメージはついたでしょうか。

ちなみに、全科目分作ってみると、以下のようになります!

こうしてリストを完成させてみると、

「何だ、生物は勉強すること少ないじゃん!」
「え? 数学ってこんなにやること多かったの?」

みたいに、予想と違った事実が明らかになったりするので、その辺がミソですね。

そして、最後は出来上がったリストを眺めつつ、自分の心にこう問いかけてみましょう。

「このリストをこなすことができれば、本当に平均90点に到達できるのか!?」

「YES!!」と思えたなら、迷わず次の【その2】へ進みましょう。

もし、ためらいが感じられたなら、リストに「何か不足がある」というサインです。

納得がいくまでリスト作成に専念しましょう。

高1・2生向けおすすめ記事一覧
本気で受かりたいキミへ
【高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記】
【高1・高2からの難関大合格戦略】

受験勉強お悩み別の記事はこちらから!

・何から勉強したらいい?
受験勉強をこれから始める人が読む記事
・スマホをいじってしまう…
スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
・模試で点が取れない!
定期試験はできるのに、模試ができないたった1つの理由
・成績が上がらない!
参考書をやっても成績が上がらない理由と解決方法

【その2】やるべきことは“3周”せよ!

やるべきことリストが出来上がったら、あとはそれをスケジュールに落とし込むだけです。

しかし、その前に一つだけ、覚悟を決めておかねばなりません。

それは…「やると決めたことは“3周”勉強する」です!

「え、3周!? それってかなり大変じゃん…」

そんな声が聞こえてきそうですが、平均90点を目指すなら、それ相応の努力は必要です。

確実に記憶に定着させるには、最低でも範囲を1周終えたのち、プラス2周分の復習は必要不可欠です。

歯を食いしばって3周やり抜く、と覚悟を決めましょう!!

※全教科80点を目指す場合は、やるべきことを“2周”すればかなり目標に近づくと思います。


無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら
※上記リンクから、公式LINEにジャンプします



【その3】“遊び”も含めてスケジュールを立てよ!

覚悟ができたなら、あとはスケジュールを作成するのみです!

定期試験で平均90点を目指すには、おおよそ1ヶ月~3週間という準備期間が必要になってきます。

たとえば僕は学生時代、下図のように1ヶ月単位で学習計画を立てていました。

ちなみにスケジュール作成は

「15日までに全教科を1周する」
「22日までに全教科を2周する」

といった中間目標を最初に設け、そこから逆算して日ごとのスケジュールに落とす、というやり方がベストです!

あと、もう一点注意すべきは、無謀な計画は絶対に立てないということです!

「24時間、ずっと勉強し続けるのが一番…」

そんな風に考えて、自分を追い詰めるようなスケジュールを組む受験生は少なくありませんが、それは完全な間違いです。

あらかじめ、“友だちと出かける”などの遊びのイベントや、休息日も予定に入れておき、これなら本当に実現できる!と確信できるスケジュールに仕上げましょう。

「よく学び、よく遊ぶ」というメリハリをつけて過ごすことで、自然とモチベーションが保たれ、スケジュールの実現可能性はグッと上がります!

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高3生はこちら→ 高3・偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
高1・2生はこちら→ 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
浪人生はこちら→ 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

まとめ

このように、

【その1】“やるべきことリスト”を作成せよ!
【その2】やるべきことは“3周”せよ!
【その3】“遊び”も含めてスケジュールを立てよ!

という3つの戦略を用いて勉強すれば、定期試験で平均90点をとることなんて、お茶の子さいさいです。

ぜひともお試しあれ!!

無料体験指導で偏差値40台から逆転合格

※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします


公式LINEについて知りたい方はこちら

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、ちゃんと伸びるかはわからない…」と思っているのではないでしょうか。

私も受験生の頃、いろんな勉強法を調べましたが、それで簡単に成績が伸びることはなく、不安な日々を過ごしていました。

しかし、受験生時代にある秘訣に気づいてから、みるみる成績をのばすことができました。

その結果、最終的には高校中退・偏差値30台から早稲田大学政治経済学部に合格することができました。

私は中学を素行不良で退学になり、高校も中退してしまいました。

そんな私でも、偏差値30台から早稲田大学に逆転合格することができたのには、秘訣があります。

そんな秘訣を基に、多くの大学受験生を救いたいという思いから、いまオンライン予備校を経営しています。

それが、センセイプレイスというオンライン予備校です!

センセイプレイスでは、独学コーチングというサービスを提供しています。

週1回のマンツーマン指導によって、万人にむけた勉強法ではなく、キミだけの勉強法ややるべきことを一緒に考えていきます。

その結果、予備校や独学など、ほかのどんな勉強よりも早く成績を伸ばしていくことが可能になります!

センセイプレイスでは、1人ひとりに合った独学コーチングを提供した結果として、

半年で、偏差値40台から早稲田大学に現役合格!

高3春、偏差値38。“全落ち”からの早稲田に逆転合格!

偏差値43の高校から、明治大学に逆転合格!

など、数々の生徒の逆転合格を見届けてきました。

※体験談が見たい方はこちらからも見れます。

センセイプレイスで逆転合格をした先輩の体験談を見る

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、ぜんぜん成績が上がらなくて不安……」

「予備校に通ったけれど、授業のレベルが合ってない……」

「合格したい気持ちはあるけど、勉強したくてもできない……」

こんな悩みに少しでも「わかる〜〜!」となった方は、ぜひセンセイプレイスの詳細を見てみてください!

センセイプレイスの逆転合格に導く秘訣を見る