【大学受験】「早稲田 無理」と検索しているキミへ

詳しくみる

【受験生のキミへおすすめの記事】

これから受験勉強を始めるキミへ

ライバルに差をつけて、志望校合格を手にするには、勉強法が鍵になります。

まずは、受験勉強を始める前に知っておいて欲しいことをこちらから確認してみてください。

不合格体験記を読む

あと一年頑張ることを決めたキミへ

浪人は、伸びないって本当??いいえ、そんなことはありません。

浪人には浪人の勉強の方法があります。やるべきことをやれば、ちゃんと成績を伸ばして合格を手にすることができます。

浪人を決めた人に知って欲しいたった一つのこと
浪人生必見!新サービス 《既卒生コース》
↓↓↓↓↓
センセイプレイス 既卒生コース

【大学受験】「早稲田 無理」と検索しているキミへ

安東センセイ
こんにちは、センセイプレイスの安東です!
「早稲田に行きたいけど、今の成績じゃ到底無理だ」

「先生や周りの人達から早稲田は諦めろと言われた」

「やっぱり自分に逆転合格なんて無理なのかな」

今回はこのような悩みに応えていきたいと思います。

この記事にたどり着いた皆さんはおそらく、「早稲田に合格なんて自分には無理だ」と思っているのではないでしょうか?

確かに早稲田大学は偏差値62.5~70と、私立大学の中ではトップクラスに高く、試験の難易度も相当なものです。

皆さんもこれまでそういった「早稲田は難しい」という情報をたくさん見てきたのではと思います。

でも、そんな難しい早稲田に合格することは絶対に不可能なのでしょうか?




完全オーダーメイド指導で志望校合格へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自分に合った勉強方法を知る

【結論】早稲田への合格は無理なんかじゃない

【結論】早稲田への合格は無理なんかじゃない
結論から言うと、早稲田に合格することは決して無理なんかではありません!

私も受験生時代、ずっとE判定を取っていた事から、目標だった早稲田大学を諦めそうになったことが何度もありました。

しかし、入試本番まで挫けることなく勉強した結果、早大生として、充実したキャンパスライフを過ごすことができています。

また、大学生活を通して、何年も浪人生活を送りながら、諦めずに受験勉強を続け、早稲田に合格した人たちにたくさん出会いました。

早稲田大学は、絶対に合格できない大学でも、選ばれた人しか行けない大学でもないのです。

模試の判定が悪かった、周りに否定された。

皆さんの中には、色々な理由で早稲田大学を目指すのを諦めてしまっている人がいるかもしれません。

しかし、入試に100%確実に合格できる保証がないように、100%不合格になることもないのです。

可能性はどんな時でも1%以上は必ず残っています。

確かに、早稲田大学は倍率も高く、問題も難しいです。

でも、目標を諦めずに、しっかりと計画立てて勉強していけば、合格の可能性は入試当日まで高めることができます!

勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記

🔽高2・高1向けおすすめ記事トップ5🔽
  1. 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
    【逆転合格のリアルを知ろう!】
  2. スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
    【どうしてもスマホを手放せない…というキミへ!】
  3. 高1・高2からの難関大合格戦略
    【難関大に合格するために!】
  4. 受験勉強をこれから始める人が読む記事
    【受験勉強のはじめの一歩】
  5. 定期試験はできるのに、模試ができない理由
    【模試になると点が取れないというキミへ】

「今から勉強しておいた方がいいかな…」という高1高2生必見!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【今だけ】周りと差をつける勉強法を知る

「無理だ」と思っている早稲田に合格するためにやって欲しい3つのこと

「無理だ」と思っている早稲田に合格するためにやって欲しい3つのこと
さて、「無理ではない」と、口で言うのは簡単です。

しかし、一度「早稲田なんて無理だ」と思ってしまうと、どんどん悪い考えが頭に浮かんできてしまうこともあると思います。

そのような不安を解消するために、皆さんに是非おすすめしたい3つのアクションをご紹介します!

  1. まずは過去問を見る
  2. 勉強の計画を立てる
  3. 合格した人の話を聞く

①まずは過去問を見る

まずは、早稲田の過去の入試問題を見てみましょう!

書店に行って赤本を見たり、インターネットに公開してある物を参照してもいいと思います。

過去問を確認することで、自分が超えなければならない壁がどんな物であるかを客観的に知ることができます。

目に見えない不安にとらわれて「自分には無理だ」と思うのではなく、まず敵を知りましょう

早稲田大学と一言で言っても全部で11の学部があります。

問題の形式や傾向も学部によってだいぶ変わってくるので、早稲田合格のためには、過去問の研究が必須となります

もしかしたら、皆さんの中には、模擬試験や定期テストの成績が悪くて自信をなくしている人もいるかもしれません。

しかし、模試が良いからと言って合格できるわけではありません。

何故なら、模試は特定の大学や学部に合わせて作られた問題ではないからです。

自分のレベルを確かめるのには有効ですが、独特な形式の問題が出題される早稲田では、模試の成績は必ずしも参考にはなりません。

そのため、自分の志望している学部で過去に出題された、過去問で点が取れるかを一番重視すべきなのです

「無理だ」と思う早稲田大学に合格するには、自分が受験する学部を決めて、その学部の過去問に合わせた対策をする必要があります。

そのために、過去問を早いうちからチェックしておきましょう!

早稲田の赤本への取り組み方を徹底解説|早稲田に合格するための攻略本!

学部ごとの詳細はこちらの記事もみてみてください!

【早稲田対策】2021年度入試を科目別に徹底解説!

②勉強の計画を立てる

勉強の計画をしっかり立てることで、「無理」という思い込みを解消することができます。

この記事を読んでいる人は、今の自分の学力に自信がない人が多いのではないでしょうか?

しかし、大学受験は今の学力で合否が決まるわけではありません!

極論を言えば、入試当日までに、合格点が取れるようになれば良いのです。

そのため、今の学力を、どうやって合格ラインまで持っていくかの計画を立てましょう!

勉強計画について詳しく知りたい方は、以下の記事に目を通していただけると幸いです!

【受験生必見】もう失敗しない勉強スケジュールの立て方を解説

③合格した人の話を聞く

志望校に合格した人の話を聞くのもおすすめです!

私も受験勉強で不安になったり、自信がなくなったときには、志望校に合格した先輩の話を聞いていました!

その先輩は、偏差値45から早稲田を目指していて、周りに反対されながら受験勉強をしている人でした。

学校の誰もその人が早稲田に合格するとは思っていませんでしたし、センター試験や併願校もひどい結果でした。

しかし、最後の最後まで諦めなかった結果、その先輩は早稲田大学の補欠合格を勝ち取りました。

模試の成績が悪く、自信をなくしていた私にとって、その先輩から話を聞くことは、大変励みになりました。

「無理だ」という周りの声を押し切って、合格した先輩のようになりたいと思いながら、勉強に打ち込むことができました。

センセイプレイスには、「合格なんて無理だ」と言われてきた環境から早稲田大学への逆転合格を勝ち取ってきた人たちがたくさんいます

私が先輩から話を聞いて励みにしていたように、少しでも力になれるかもしれません。

自分の志望校に合格した人がいない時や、情報を集めるのが難しい時は、センセイプレイスの無料体験指導で話を聞いてもらうのもおすすめです!



【今だけ】周りと差がつく勉強法指導実施中!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
差がつく勉強法指導の詳細を見る

諦めなければ早稲田合格だって夢じゃない

諦めなければ早稲田合格だって夢じゃない
ここまで記事を読んでくれた方の中には、周りの人に否定されて、志望校を変えようとしている人もいるかもしれません。

ですが、周りの人にどれだけ「無理だ」と言われても、自分で「無理」と言わなければ、まだ受験勉強は続けられます。

周りの人が必ずしもあなたのことを思ってアドバイスしているとは限りません。

また、皆さんのこれからの人生に周りの人が責任を取ってくれるわけでもありません。

そんな、周りの声よりも自分の学力と向き合って、勉強していく方が有意義な時間になると思います。

早稲田と自分の成績の間にどのくらいギャップがあるのか、ギャップを残りの時間で埋めるにはどうすれば良いかを考えて勉強していく。

それこそが、「早稲田合格なんて自分には無理だ」と言う思い込みを打ち消す方法だと思います。

「間に合わないから無理だ」ではなく「間に合わせるにはどうすれば良いか」と考えることができれば、自信を持って、早稲田合格を目指すことができるのではないでしょうか。

偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記 #1 ― 自称進学校での苦悩編 ―

【高1高2生限定】
公式LINEで差がつく勉強法指導に申し込む
差がつく勉強法指導の詳細はこちら

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

少しだけでも勉強してみよう!と思えたなら、それはとても良いと思います。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、これからちゃんと勉強できるかはわからない…」と思っている人もいるかもしれません。

世の中には様々な勉強についての動画や記事があります。

しかしそういったものを見たり読んだりしてやる気が出ても、実際に行動に移す人は約10%、さらにそれを継続する人は3%ほどしかいません。

だけど、少し厳しいことをいうと、志望校合格を勝ち取っていくのは、実際に行動に移して継続をした人たちです。

・「やらなきゃ」と思うのに、すぐに着手できない。
・継続をしないと意味がないと分かっていても、なかなか継続できない。

そういう人はたくさんいます。

僕自身もそうでした。

ですが、その原因は明白です。

それは、具体的にどの教材を、どう取り組めば、このような結果が出せる、というのが自分でわからないからです。

取り組む教材がなければ着手できませんし、闇雲に勉強しても結果が出ないため継続ができません。

皆さんの中にも、

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、どれが正しいの?……」
「何からはじめたらいいのか結局わかんない…」
「やろうと思って勉強をはじめても、なかなか続けられない、成績も伸びない…」

こんな悩みを少しでも感じている人がいるのではないでしょうか。

そんなキミには、ぜひセンセイプレイスの特別指導で相談をしに来てほしいです。

現在、センセイプレイスでは高1高2生限定で、差がつく勉強法指導を実施しています。

先ほどもすこしお伝えしましたが、春から夏にかけて、多くの受験生が、

・勉強はした方がいいと思うけど、なかなかできない ・何から始めるかも、どうやったら成績が伸びるのかもあまりわからない

といったような課題にぶつかります。

今回の差がつく勉強法指導は、そんな課題を解決し、キミの状況に合わせて、今やるべき参考書を1冊決めて、それをやり切るためのサポートをする指導になっています。

「こうやって勉強していけばいいのか!」というのがわかるだけで、受験勉強の効率はグンと上がります

今から成績を伸ばしていけば、周りの動けていない人たちとしっかり差をつけることもできます。

指導が可能な枠に限りがありますので、少しでも気になる!と思った方は、ぜひお早めに申し込みください。

【高1高2生限定】
差がつく勉強法指導に申し込む
差がつく勉強法指導の詳細はこちら

高三・浪人の方は、大人気のセンセイプレイス 無料体験指導のご案内をしています!

こちらも指導が可能な枠の数には限りがあります。

無料体験指導は、受験まであと1年をきったキミのために、今キミが頑張っていくべきこととその方法を、キミの状況に合わせてしっかり考える時間になっています

もし少しでも、「勉強、どうやっていこうかな…」と悩んでいることがある場合は、お早めに相談をしてみてください!

公式LINEでセンセイプレイスの無料体験指導に申し込む
無料体験指導の詳細はこちら