【大学受験】おすすめの世界史勉強法|短期間で高得点を目指そう!

おすすめの世界史勉強法
さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!
「世界史って覚えないといけないことが多すぎる……」

「志望校合格には世界史の点数が必要だけどなかなか上がらない……」

「世界史は流れが大事ってよくいわれるけどどうやって流れを覚えるんだろう?」

受験生のなかにはこのような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は世界史を勉強したことがない人がイチからできる世界史の勉強法をご紹介します!

関連記事:早稲田に逆転合格するための世界史参考書リスト|偏差値40からでも大丈夫!

世界史の分量ってどれくらい?

世界史の分量ってどれくらい?
「世界史の分量って実際どれくらいなの?」

と受験生の皆さんは疑問に思うのではないでしょうか。

一般的に世界史で覚えないといけない用語は約5000語といわれています。

数字だけ聞くと膨大な量で手につかないような気がしますよね……

歴史科目で覚えるべき用語の量は、世界史が10だとすると日本史はだいたい7〜8といわれています。

そのため、世界史の用語量が多いのは否めません。

しかし、バラバラの用語を5000個覚えないといけないわけではありません。

なぜなら、世界史の用語は他の用語と意味的なつながりを持っているからです

理解しながら覚えることができると難易度は一気に下がるため 、世界史の暗記量にビビらずに学習に取り組むようにしましょう!

関連記事:慶應に逆転合格するための世界史参考書リスト|世界史で点を稼ぐ!

世界史を理解しながら覚えるための方法とは⁉︎

世界史を理解しながら覚えるための方法とは⁉︎
世界史を理解しながら覚えるにはどうすればいいのか。

それは世界史の「流れ」をつかみながら覚えていくことです

流れ」は、世界史を1本の木とすると、木の幹となる部分が「流れ」で、枝葉となる部分が「知識」です。

木は、幹がないと枝葉が生えませんよね。

逆に、幹が大きければ大きいほどつく枝葉も増えて大きい木になりますよね。

このように、世界史の幹となる「流れ」を理解するのが世界史の成績を上げる第一歩です。

仮に「流れ」を理解せずに、勉強を進めると知識がぶつ切りになってしまい覚えるのが非常に困難になります。

それだけでなく、ぶつ切りの暗記では問題の問われかたが変わると対応できない場合が多いです。

そのため、世界史を理解しながら覚えるためには「流れ」を意識しながら勉強していくとよいでしょう!

関連記事:【世界史】おすすめの世界史参考書リスト|偏差値70超え経験者が厳選!

世界史の勉強のゴールを決めよう!

世界史の勉強のゴールを決めよう!
世界史の勉強のゴールを決めましょう!

世界史を受験でどこまで使うかは人のよって異なると思います。

例えば、ある受験生は共通テストまでしか使わないかもしれません。

しかし、別の受験生は早慶の受験科目として使うかもしれません。

これだけを見ると、センター試験までしか世界史を使わない受験生が早慶レベルまで勉強する必要はありませんよね。

このように自分には世界史がどこまで必要なのかを把握しておきましょう!

また、世界史と一言でいっても共通テストや私立大学の問題、国公立大学の問題によってそれぞれ問題形式が異なりますし、受験科目としての配点も異なります。

そのため、それぞれの世界史の問題の特徴や入試のなかでどれだけのウェイトを占めているのかを把握しておくとよいでしょう!

まずは世界史の勉強のゴールを決めておきましょう!

関連記事:【大学受験】世界史を独学で攻略する方法|慶應生が徹底解説!

おすすめの世界史勉強法5ステップを紹介!

オススメの世界史勉強法5ステップを紹介!
おすすめの世界史勉強法5ステップをご紹介します!

おすすめの勉強法ですが、あくまで一例なため自分にあった勉強法でするようにしてください!

【STEP 1】マンガを読む

まずはマンガを読みましょう!

いきなり世界史を勉強するのはしんどい人に特におすすめです!

マンガは世界史の内容を理解するよりかは視覚でイメージをつけるものです。

イメージをつけることで世界史の理解がしやすくなります。

また、マンガは短時間で読むことができます。

そのため、マンガを読むことで短時間でイメージをつけることができます!

【STEP 2】世界史の「流れ」を勉強する

次に世界史の「流れ」を勉強しましょう!

先ほどもいったとおり、世界史の学習をするにあたって「流れ」は非常に大切です。

「流れ」を理解しないことには世界史で高得点は望めません。

「流れ」を理解するための参考書として『青木裕司 世界史B講義の実況中継』がおすすめです。

『実況中継』は講義形式の教材でCDもついており、何回も聞くことができます。

そのため、大手予備校のような講義を参考書で体験できます!

また、資料集も活用することで「流れ」をさらに理解しやすくなります。

資料集は実際の遺跡の画像や大まかな全体図が掲載されているため、目で見て「流れ」をつかみやすくしてくれます!

このように参考書資料集を使いながら、世界史の「流れ」を勉強していきましょう!

関連記事:【世界史】青木裕司 世界史B講義の実況中継(1)の特徴と使い方|通史を抑えよう!

【STEP 3】用語を暗記する

次に用語を暗記しましょう!

世界史の「流れ」を理解し終わったら、それに用語を暗記して肉付けしていきます。

用語は世界史の入試で得点源となる部分でありながら、周りと差をつけられる部分でもあります

そのため、世界史の入試で用語の暗記は必須です。

用語の暗記には一問一答などを使うことをおすすめします!

一問一答は載っている問題量も豊富でスキマ時間でも取り組めてとても便利です。

また、繰り返すうちに、自分が苦手とする用語が見つかるかもしれません。

付箋をつけるなどして、苦手な用語を集中的に覚えていけば、効率的に暗記できます!

このように一問一答などを活用して用語の暗記をしましょう!

【STEP 4】問題演習で知識をアウトプットする

問題演習で知識をアウトプットしましょう!

ここまで知識をインプットしてきました。

次はアウトプットの勉強です。

インプットしただけでは自分のなかでしか理解しておらず、問題演習のアウトプットによって、本当に理解できているか確かめることができます

問題を解くと、これまでの勉強とは異なる角度からも問われたりするためより理解を深めることができます。

問題演習の参考書で、『はじめる世界史 要点&演習[改訂版]』や『実力をつける世界史 100題』などがおすすめです。

『はじめる世界史』は基礎から標準的なレベルで、『実力をつける世界史100題』は難易度の高い参考書となっています。

それぞれ自分のレベルにあわせて取り組むようにしてください!

関連記事:【世界史】はじめる世界史 要点&演習の特徴と使い方|最初の問題演習にうってつけ!

【STEP 5】過去問を解いて、自分に足りない部分を埋め合わせる

最後に過去問を解いて、自分に足りない部分を埋め合わせましょう!

ここまでインプットからアウトプットの勉強をしてきました。

最後の過去問では、自分の志望する大学や学部ごとに過去問を解いていきます。

同じ世界史の試験とはいえ、大学や学部によって特徴があり、求められる知識は異なります

例えば、法学部は法律の歴史、経済学部は経済史、文学部は文化史が他の学部に比べて深く問われることが多いです。

そのため、自分の志望する大学や学部の過去問を解いて、自分に足りない部分をみつけて埋め合わせていくようにしましょう!

世界史の勉強でよくある3つの質問

世界史の勉強でよくある3つの質問

続いて、世界史の勉強でよくある質問を、3つご紹介します!

関連記事:【世界史】世界史の定期試験の勉強法を徹底解説!|100点狙える!

教科書を使って勉強してもいいですか?

まずは、教科書を使って勉強してもいいのか。

これは、人それぞれ合う勉強法・合わない勉強法があるため一概にはいえません。

まず教科書の勉強が合う人は読む学習が得意な人です。

教科書は文字がずーっと書かれているため読むのが好きな人にはよい参考書となります。

実際、受験の世界史の問題は教科書ベースで問題が作られているため教科書を完璧にしてしまえばどの問題でも合格点を取れます。

そのため、教科書のような文字がぎっしりが書かれた読み物系が得意な人には教科書での勉強をおすすめします!

しかし、一方でそのような読み物系が苦手な受験生もいると思います。

そういう受験生は教科書は文字の羅列なのであまりおすすめできません。

やっぱりわかりやすく書かれていたり、図が添えられているほうが理解しやすいですよね。

そのため、文字ばかりでは辛い人には教科書での勉強をおすすめしません。

年号は覚えたほうがいいですか?

年号は覚えたほうがいいのか。

結論からいうと、年号は覚えたほうがいいです。

正直なところかなり有名な年号以外で問われる年号があるかといわれるとほとんどありません。

しかし、ある程度の年号を覚えておくことで、〜世紀にどこでなにが起きたかを把握でき、知識の整理ができます。

また、世界史の入試ではこの出来事はこの出来事よりも前後かのようなことがよく問われます。

そういったときも、ある程度年号を覚えておくと解くことができますし、推測もできます。

そのため、世界史の年号は覚えておいたほうがいいでしょう!

現代史は勉強したほうがいいですか?

現代史は勉強したほうがいいのか。

結論、現代史は勉強したほうがよいです。

最近の世界史の入試問題では現代史の問題が増えてきています。

たしかに、現代史は覚えないといけないことが多く、背景知識なども必要でかなりめんどくさいです。

しかし、現代史が出題が増えているのも事実なためしっかりと手を抜かずに勉強しましょう!

現代史を勉強する際は、過去問ベースで取り組むとよいです。

現代史は大学や学部によって出題傾向が異なるため、過去問をもとに勉強すると効率的に勉強ができます!

おわりに

おわりに
今回は世界史の勉強法をご紹介してきました。

最初は世界史の暗記ってあまりにも量が膨大でイヤになりますよね。

しかし、「流れ」を意識してみるとかなりハードルは下がって暗記がしやすくなります。

今回紹介したこのような世界史の勉強法はあくまで一例です。

受験勉強は自分にあった勉強法で取り組むのが一番です。

そのため、自分にはどういう勉強法が合うのかを考えて、自分にあった勉強法で学習するように心がけてください!

関連記事:【世界史】おすすめの世界史勉強法|偏差値70超え経験者が徹底解説!